Climbers’Blog

1/2ページ
朋友会会員によるクライマーズブログ(山行報告・自然保護活動等)の一覧です。

初秋の二口渓谷

今年もコロナと異常気象が続いている。8月には東北地方が大雨・洪水に見舞われ、沢登りも何度もお流れになった。 9月に入り、しばらくぶりに晴天の日が何日か続いたので、二口・小松倉沢を登った。 恐る恐る入渓すると増水も濁りもなく、数年前と同じ表情だった。滑床と時折現れる滝の緩急を楽しみながら沢を遡行。 帰りは南沢を下った。朝から晴天に恵まれて、爽やかな一日だった。 しかし空気はひんやりとしていて、沢筋に […]

花倶楽部山行 月山の雪渓と花を楽しむ

 7月10日(日) 梅雨の晴れ間をぬって、会仲間10人で夏の月山に登った。 リーダーのOさんは、今回がリーダーデビューである。出発から、テキパキと全体把握に余念がない。 月山リフトの下駅は久々の好天のせいか、ツアー客も混じってたくさんの人で一杯。 ツアー客の軽装がやけに目立って仕方がない。 乗り場周辺は辺り一面ニッコウキスゲが咲き乱れ、リフトに乗車中も足に触れるほどだ。 上駅に8:58到着。標高差 […]

沢登り 吉田川

6/18 土曜日、仙台はすっかり夏の暑さになり、沢登りシーズンがやって来た。 梅雨入り前の絶好の天気に背中を押され、スプリングバレーから黒森を経由して吉田川に降り、升沢林道まで遡行する。 途中、大きな滝が三つ。源頭部には水芭蕉やバイカモが群生していた。また、杉の木に真新しい熊剥ぎの痕が多数見られた。 市民の山の近くに、こんな豊かな自然と野生動物の営みがある。支流の沢に残るコンクリートの土砂止めが無 […]

立山連峰 白い雷鳥は何処に?

GW前半4月28日~30日、残雪期の立山を巡ってきた。 28、29日と雷鳥沢野営場にテン泊。29日は午前中勝負と見込んで、日の出とともに出発。 ゼブラ模様の立山連峰は朝日に光り、雄大で美しい。 初め浄土山を目指したが、一ノ越に戻る時間がオーバーするため途中で引き返し、一ノ越山荘で一息ついて、雄山~大汝山~富士ノ折立~真砂岳分岐と周回した。 雄山への急登は高山病気味で足に力が入らず、随分あえいだが頂 […]

栗駒山 裏掛滑走

山行日 2022年4月3日  天候晴れ 栗駒の春スキーは裏掛コースがお気に入り。 この日はイワカガミ平経由で登り、山頂東尾根、産女沢源頭部、ドゾウ沢源頭部(2本)そして1220mピークからの林間の滑りを楽しみました。 山頂直下はやや硬めの雪、下るにつれ快適なザラメ。ただ、うっすら載った新雪がブレーキとなり春スキーの難しさも感じます。 1220mピーク東面でややシャバ雪になりかけるも林間に入ると持ち […]

泉ケ岳表コース周回

山行日 2022年3月30日  天候晴れ  今日の山行も天候は上々。風もなく気温は4月下旬並みになる予定。例年冬季は1回はこのルートを歩いている。 表コース無積雪期であれば、あまり変化もなく登り始めの岩のゴロゴロした尾根の登りが楽しい程度である。 積雪期はやはり歩きたい所を適当に歩くのが楽しい。 今日は特に天気も良く、コース的にも雪崩などのリスクも極めて小さい事から、予定コースを若干ずらして歩いて […]

北泉ケ岳(東尾根コース)

 山行日:2022.03.23    天候:晴れ 北泉ケ岳の東尾根コースを歩きたくなった。この5年ほどは歩いていないだろう。賛同者を募ったところ、私を含め参加者は8名となった。高齢者の私には頼もしくうれしい限りである。 現在の私にとっては体力的に厳しいコースである。 しかし。3月も下旬に入り、積雪は硬くなっている。林道はワカンなしで楽に歩ける。林道入り口でワカンを装着。ビーコンのチエックを行う。硬 […]

風雪の磐司尾根

 二口峠は藩政時代には仙台藩と山形藩をつなぐ街道が通っていたが、今では冬はアイスクライマーの他は殆ど人が通らない雪に閉ざされた山になる。 会の仲間とペアを組んで、普段は下から見上げるだけだった磐司岩の上を県境まで歩いた。   【ギャラリー コメント】 1 姉滝から磐司尾根に向かって登る。 2 694m標高点手前の急登が見えてきた。ここは「猫 熊踏んじゃった♪」事件(某山岳会の方が、冬眠中 […]

北泉ケ岳山行

 コロナ禍の中、できるだけの対策として相乗りはやめ、各自、駐車場での集合とする。 天候を毎日気にしていた。気にしてもどうにもならないのだが、できれば吹雪かない恵まれた条件で歩きたい。今日は念願かなって滅多にない良い天気。風もなくお日様も顔を出してくれている。  何日か7℃付近の天気が続いたので、積雪は締まりラッセルに苦労しなくともよく快調に歩を進める事ができた。計画書はラッセルの事を考えてかなり余 […]

元日登山 薬莱山

2022年1月1日 今年もアクティブに「加美富士」こと薬莱山に元日登山。 ワカンを履き登山口の大鳥居を6時前に出発し、約1時間を要して7時頃山頂に着いた。 残念ながら降る仕切る雪で視界はさえぎられ、ご来光は拝めなかった。 やくらい神社に今年の安全登山と新型コロナ収束の祈願を行った。 下山は東斜面を深雪ラッセルを存分に楽しみながら、ダイレクトにやくらいスキー場を目指し45分ほどで駆け下りた。 今年は […]